2005年09月20日

正しいのはあるんかね

(読売新聞2005年9月20日(火)11:23【カイロ=柳沢亨之】)

バスラで英軍が刑務所に突入、拘束の英兵2人を奪還

 イラクからの報道によると、同国南部バスラに駐留する英軍が19日、戦車で刑務所に突入し、拘束されていた英兵2人の身柄を奪還した。
 これに乗じて、収監されていたイラク人約150人が脱走。バスラ県知事は「野蛮な行為」と英軍を非難した。イラクの主権侵害ととられかねない英軍の行為に、地元の反発が高まることは必至だ。
 AP通信によると、2人は特殊部隊員。民間人に変装して任務に当たっていた時、地元警察官2人と銃撃戦となり、警官1人を死亡させた容疑で同日朝、拘束された。
 銃撃戦となった背景は不明。拘束を受けて、英軍の装甲車数台が2人が収監された刑務所に接近。これに怒った地元住民が手投げ弾や石を投げつけるなどの騒ぎとなった。
 同日夜になって、英軍は戦車約10台やヘリコプターで刑務所を包囲、外壁を破って突入した。英PA通信によると、一連の騒動でイラク人2人が死亡、英兵3人が負傷した。
 英国防省は同日、英兵2人は交渉によって解放されたと発表したが、刑務所の外壁は意図的に破壊したのではないと弁明した。
 バスラは移行政府与党のイスラム教シーア派勢力の重要拠点。


(共同通信2005年9月20日(火)08:52【カイロ20日共同】)

英軍、イラク刑務所突入 兵士“解放”に反発必至

 イラク南部バスラで19日夜、英軍部隊が複数の戦車で刑務所の壁を破壊し敷地内に突入、イラク当局に拘束されていた英兵2人を脱出させた。ロイター通信などが伝えた。2人は同日、秘密任務中にイラク警察と銃撃戦になり、拘束されていた。
 英軍がイラク内務省の管轄下にある刑務所に突入したことは、主権の侵害と受け止められかねず、イスラム教シーア派を中心とする住民の強い反発を招くのは必至だ。
 ロイター通信によると、英国防省報道官は突入の事実を否定した。バスラ州知事は「野蛮な行為だ」と非難。目撃者によると、英軍突入騒ぎに乗じて、受刑者ら約150人が逃走した。


(ロイター2005年9月20日(火)12:20[ロンドン19日ロイター])

イラクでの英兵解放は交渉によるもの=英当局者

 英国は、同国軍がイラク南部の刑務所を攻撃して英兵2人を解放したとの報道を否定し、2人は話し合いによって解放された、と強調した。
 国防省報道官はロンドンで、「刑務所を攻撃したことを示す事実は一切聞いていない。交渉が行われたと理解している」と語った。
 これより先、イラク内務省当局者が、英国の戦車6台あまりがバスラの刑務所に突入し、同日拘束した2人を解放したと説明。その際に、イラク人数十人が脱走したとしている。
 国防省報道官は、英兵解放についてそれ以上の詳細は知らないと述べた。

posted by hiro at 14:35| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

すごいぞ

(産経新聞2005年9月19日(月)02:46)

インフルエンザ阻止 ウイルス狙撃 「抗体酵素」開発 県立広島大

 インフルエンザウイルスを狙い撃ちして無力化させる「抗体酵素」を、県立広島大学生命環境学部(広島県庄原市)の宇田泰三教授(生物工学)のグループが十八日までに、人工的に作り出すことに成功した。世界初の成功例という。抗体酵素を使った治療薬の開発をはじめ、エアコンなどを使って空気中のインフルエンザウイルスを撃退することも期待できるという。成果は、十二月に米ホノルル市で開かれるパンパシフィック化学国際会議で発表される。
 インフルエンザウイルスは、ウイルスの表面にある「HA(ヘマグルチニン)」というタンパク質によってヒト細胞に結合し、感染する。増殖には別のタンパク質「NA(ノイラミンダーゼ)」の働きも得て、一日で百万倍にも増える。
 このHAはタンパク質の性質を決めるアミノ酸配列を自ら頻繁に変化させるため、毎年、新しいタイプのインフルエンザウイルスが生まれ、流行してきた。
 宇田教授らは、多数の死者を出したスペイン風邪などのウイルスが、多様に変化するHAの中に変化しない特定のアミノ酸配列を持つことに着目。その配列を破壊すればウイルスそのものを無力化できると考えた。そこで、変化しないアミノ酸配列を持つ化学物質をマウスに注射。これに対してできた六種類の抗体を脾臓(ひぞう)から抽出したところ、このうち二種類の抗体がタンパク質を分解する酵素の働きも兼ね備えた「抗体酵素」であることを突き止めた。
 実験では、五十万分の一グラムの抗体酵素を一ccのインフルエンザウイルスに混ぜたところ、十時間で数億個のウイルスのHAを無力化し、結合機能を失わせた。
 今回作り出した抗体酵素は、過去に大流行したスペイン風邪とソ連A型(これらは同種)、アジア風邪の二種類のインフルエンザウイルスに有効である(無力化できる)ことが確認されている。さらに数種類のインフルエンザウイルスにも効果があるとみられている。
 現在のインフルエンザ治療薬は、感染拡大は防げるものの感染そのものを防ぐことはできないため、感染とその拡大の双方に効く特効薬が切望されていた。宇田教授らはすべてのインフルエンザウイルスに効果のある抗体酵素の研究にも着手している。
 宇田教授らは、平成十年にもエイズウイルスの抗体酵素を世界で初めて作り出している。宇田教授は「秋から始めるヒト細胞を使った感染実験でも同様の効果を確認できれば、インフルエンザの中で危険とされるタイプのうち、かなりのウイルス感染を防ぐことができる」としている。
     ◇
 抗体酵素 病原菌などの特定タンパク質を見分けて結合する「抗体」と、特定タンパク質を分解する「酵素」の働きの双方を併せ持つ。従来、抗体と酵素は常に異なるタンパク質からできていて、独立して存在すると考えられていたが、その定説を覆し、抗体の構造中に酵素機能が存在することが突き止められた。これまでに、ぜんそくなど自己免疫疾患患者から天然の抗体酵素が発見されている。

まとも(?)な感想
posted by hiro at 17:58| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 注目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

世の中、馬鹿ばかりじゃない

(時事通信2005年9月10日(土)13時1分[9月10日13時31分更新])

星野SD、阪神に残留=記者会見で表明−プロ野球

 プロ野球阪神の星野仙一氏シニアディレクター(SD)は10日、大阪市内のホテルで記者会見し、来季も現職を続ける意向を明らかにした。8日に行われた定例報告会での続投要請を受けたもので、これにより来季、他球団に移る可能性はなくなった。星野SDは巨人の次期監督候補に名前が挙がり、去就が注目されていた。
 記者会見で星野SDは、来季も阪神に残留するのか、との質問に「そういう形になると思う」と返答。他球団のユニホームを着ることはあるのか、と聞かれると「それはない」と言明した。
 星野SDに対し、阪神は手塚昌利オーナーらが来季の契約更新を要請。星野SDは8月末に阪神−巨人戦のテレビ解説で甲子園球場を訪れた際、放送を通じて「巨人との接触はなく、迷惑な話。今は阪神が勝つことが一番」などと語っていた。


posted by hiro at 13:40| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の怪談 どうしてこうなるの?

(asahi.com2005年09月09日20時15分)

慶応大、入学書類紛失 「盗難の可能性薄い」と届けず

 慶応大が、総合政策学部の9月の入学予定者12人の書類を紛失していたことがわかった。
 紛失したのは、調査書や面接などをもとに、受験生の個性を重視して判断するAO(アドミッション・オフィス)入試で合格した12人の住所や氏名、電話番号などが記された入学手続きの書類。
 同大によると、8月30日夜、神奈川県藤沢市のキャンパス内の事務室で職員が作業した後、保管庫に入れて施錠して帰宅した。31日午後に別の職員が保管庫を開けたところ、なくなっていたという。
 同大は、12人と家族に電話で謝罪。8日に小島朋之・総合政策学部長らの名前でわび状を送った。同大は「同じ保管庫にあった別の学部の書類は無事なので、盗難の可能性は薄い」として当面、盗難届は出さないという。


斜視的考察
posted by hiro at 12:12| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

どうなんだろう

(毎日新聞2005年9月6日東京朝刊【イスラマバード西尾英之】)

米ハリケーン:アジアの最貧国バングラデシュ、100万ドルを寄付

 バングラデシュ政府は5日、米国南部を襲ったハリケーン「カトリーナ」の被災者に対し、緊急人道支援として100万ドル(約1億1000万円)を送ると発表した。
 バングラデシュは1人当たり国民総所得が年400ドルとアジアの最貧国の一つ。毎年のようにサイクロンやモンスーンによる大雨で数百人から数千人の単位で死者が出ている。このほかインドが500万ドル、アフガニスタンが10万ドルなど各国が米国への支援を表明。一方で「もし被災者の多くが白人であったら、事態はここまで悪化しただろうかとの疑問を多くの人が抱いている」と、5日付パキスタン紙「ドーン」が指摘するなど、世界の指導者として振る舞う米国で、内部に抱える矛盾が今回の災害を機に噴出したとの見方を伝えている。

posted by hiro at 01:21| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あ〜あ

(河北新報2005年9月6日(火)朝刊)

ハリケーン被害 政府追加支援を検討
       各国巨額拠出で見劣り

 米南部を襲った超大型ハリケーン「カトリーナ」の被害に各国が巨額の
支援を発表する中、最大五十万ドル(約5千五百万円)とした日本の支援額
が見劣りしている。政府は日米同盟の結束が問われかねないと、追加支援
の検討も始めたが、衆院選の真っただ中で意志決定も後手に回り気味だ。
 谷内正太郎外務事務次官は五日の記者会見で「(五十万ドルの支援額は)
あの時点の判断で決めたことで、それ以上はしませんということではない」
と述べ、米国の要請次第で追加支援に踏み切る考えを強調した。
 政府は二日、米国赤十字社に対し二十万ドルの支援と、テントや毛布な
ど最大三十万ドル相当の物資供与の用意を発表。迅速な支援に、在日米大
使館が感謝声明を出した。
 しかし、三、四日には中国、韓国が、その十倍の五百万ドルの支援をそ
れぞれ発表。さらにカタールが一億ドル、クウェートは日本の千倍の五億
ドル相当の支援を表明するに至って政府内でも「日米同盟を掲げる日本が
これでいいのか」という焦りが濃くなってきた。
 日本はトヨタが五百万ドルの支援を発表するなどしており、外務省から
は「われわれの(財源は)は税金だから。官民合わせたオール日本で合算し
てほしい」(幹部)と困ったときの「民間頼み」の声さえ聞こえてくる。
 人的支援では、町村信孝外相がライス米国国務長官に国債緊急援助隊を
派遣する用意を電話で伝えたが、今のところ米側から要請はないという。
斜視的考察
posted by hiro at 00:24| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

心頭滅却すれば……

(YOMINURI ONLINE 2005年9月6日(火)14:42)

注射「痛くない」と思えば痛み軽く…日米共同研究

 注射される時に「痛くない」と強く思うと、痛みが軽くなる――。前もって痛みが小さいと思い込むと実際の痛みも和らげられることを、西宮協立脳神経外科病院(兵庫県西宮市)の小山哲男医師と米ウエークフォレスト大のロバート・コグヒル助教授らが脳活動の分析で確認した。6日、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
 小山医師らは、被験者10人を対象に、信号音の間隔が15秒のときは48度、30秒では50度など、信号音を2回聞かせた直後にふくらはぎに熱の刺激を与える実験を繰り返し、間隔が長いほど痛みが大きいと思い込ませた。
 この後、15秒間隔の時の温度を50度に変えて実験。痛みの程度を評価してもらったところ、30秒間隔で50度の刺激を与えた時と比べ、感じる痛みは小さくなった。
 被験者の脳内の様子を特殊な装置で調べると、痛みが小さいと思い込むほど脳の快感や不快感をつかさどる部位の活動が低下していた。痛みを加えた後は、この部位の働きが小さいほど、体から痛みが伝わる部位の反応も鈍くなった。結果として「思いこみ」が痛みを感じる部位の反応を低下させていることがわかった。


斜視的考察
posted by hiro at 18:21| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | 注目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本はどこ?

(ジュネーブ5日ロイター2005年9月6日(火)07:45)

中国、対外投資先として魅力的な国第1位に=国連調査

 国連貿易開発会議(UNCTAD)が外国投資専門家75機関および多国籍企業325社を対象に実施した調査によると、対外投資先としてもっとも魅力的な国は中国で、次にインドと米国という順位になった。
 同調査によると、投資専門家85%および多国籍企業87%が、中国がもっとも魅力的だと答えた。
 投資専門家の間では米国が2位(55%)、インドが3位(42%)だった一方、多国籍企業の間ではインドと米国がともに2位(51%)だった。 
 投資専門家の間ではブラジルが4位、ロシアが5位となったものの、多国籍企業の間ではロシアが4位、ブラジルが5位となった。
 投資専門家が選んだ6位は英国で、欧州ではトップだった。ただし多国籍企業の間では6位はメキシコで、英国はドイツとともに7位だった。上位10カ国中、半分を新興国が占めた。

posted by hiro at 18:11| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

悲しみよ……

(読売新聞2005年9月2日19時54分)

「悲しみよこんにちは」を翻訳、朝吹登水子さん死去
 サガン、ボーボワールの翻訳者として知られた朝吹登水子(あさぶき・とみこ)さんが2日、死去した。88歳だった。告別式は4日午前10時、東京都港区高輪3の15の18高野山東京別院。喪主は孫の牛場潤一氏。
 東京生まれ。戦前にパリ留学し、1950年にデザイナーを目指し再び渡仏。52年にオートクチュール・デザイナーの資格を得た。哲学者の森有正の勧めで翻訳を始め、昨年9月に死去したフランソワーズ・サガンの世界的ベストセラー「悲しみよこんにちは」の翻訳(55年刊)で一躍脚光を浴びた。
 以後サガン作品のほとんどを手がけたほか、ボーボワール「娘時代」「女ざかり」(共訳)も翻訳。サルトルとも親交を持った。
 また、日本人として初めてカンヌ国際映画祭の審査員を務め、2000年、仏レジオン・ドヌール勲章を受章した。
 小説家としては77年、自伝的長編「愛のむこう側」を発表。軽井沢の古き良き時代を描いたエッセー「私の軽井沢物語」など著書多数。


ご冥福を
posted by hiro at 20:10| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

「大」ですか

(日刊スポーツ2005年9月2日(金)09:49)

“清原ハム”賛否半々、新庄発言に大反響

 日本ハムが「清原余波」に見舞われた。新庄が前日8月31日、巨人清原へ「一緒にやりたいな。2人で盛り上げられると思う」とのラブコールを送り、一夜明けた1日、球団事務所へメールや電話が殺到した。「賛成」「反対」と意見が分かれたが、畑野広報部長は「やはり反応がすごい」と驚いていた。
 球団公式ホームページ(HP)等を管理する映像事業部の岩田部長によれば、メールと電話で「約50くらい」の意見が寄せられた。獲得すれば「さらに人気が出て、盛り上がっていい」という意見もあれば、球団公式HPの掲示板には「アンチ巨人なので…」などの書き込みなど反応はさまざま。同部長によると「(賛成、反対)ほぼ半分、半分」に分かれたという。


斜視的考察
posted by hiro at 16:33| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意外だね

(読売新聞9月1日23時48分更新)

神仏に「すがりたい」54%…読売世論調査

 国民の4人に3人が特定の宗教を信じておらず、宗教を大切だと思わない人も多数派を占めているが、「神や仏にすがりたい」と思ったことがある人は過半数に上る――。
このような宗教に関する日本人の意識が、読売新聞社の全国世論調査(面接方式)で明らかになった。
 調査は8月6、7の両日に実施。
 「何か宗教を信じているか」と聞いたところ、「信じている」23%に対し、「信じていない」は75%。「宗教は大切であると思うか」でも、「大切」35%に対し、「そうは思わない」60%だった。
 その一方で、「神や仏にすがりたいと思ったことがある」は54%に達し、「ない」44%を上回った。宗教を「信じていない」人の中でも、「すがりたい」は47%だった。


斜視的考察
posted by hiro at 09:42| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

偶には言うね

(河北新聞2005年08月27日土曜日社説)

05衆院選・社会保障改革/成案を得る誠意こそ出発点

 年金・医療・介護などの社会福祉は国民が困ったとき助け合う仕組みで、国としてまとまっていく芯(しん)となる基礎岩盤だ。
 今の水準を維持できるか…と不安が広がっているのは、国民がその岩盤にひびが入った、と感じているということだ。
 この意味で、社会福祉が近年の世論調査で常に一番の関心事となるのは「日本は大丈夫?」と国民が自問している反映であり、それだけ政治の責任は重大だと言うべきだ。
 何より人口減少社会への突入が目前に迫り、負担がかかる高齢層を支える若い世代が減る。
 またバブル崩壊後のリストラなどで貧富差が広がり、弱者は福祉の必要をより強く感じるのに、現実は受益者負担の増加などでハードルが高くなった。
 現行制度の基本は経済成長のパイを分ける時代にできた。だから抜本的に変えなければ維持できないと国民も感じている。
 改革の構想と道筋を示し、実現していくのは政治の責任だ。政党はそれに答えてきたか。
 端的に分かるのは年金だ。
 政府・与党は昨年「100年安心」の改革を行ったが、出生率低下を伏せた騒動は、改革が隠すもろさを明るみに出した。
 民主はここを攻め時と公的年金一元化案をぶっつけ、国民が注視する論争の中、両院合同会議が組織され「秋までに改革の方向付けを行い、骨格案を得ることを目指す」運びとなった。
 が、協議は進まないまま衆院解散となり、会議は分解した。
 国民年金の未納率は4割近く、制度は破(は)綻(たん)に近づいている。
 そしてこの経過でも未納率が改善しない事実は、国民が政党の年金問題への取り組みを信じていないことを示している。
 各党は今度もマニフェスト(政権公約)で支持を求める。
 自民は昨年の改革を自賛「公務員(共済)とサラリーマン(厚生)年金の一元化を推進」などとあっさり。公明はフリーター、ニート対策などを加える。
 民主案は2008年度までに全公的年金を一元化、年金目的消費税で月7万円の最低保障年金を創設し、所得把握に納税者番号を導入、社会保険庁は廃止し国税庁と併せ歳入庁とする。
 共産、社民は「月5万円の最低保障プラス上乗せ」「月8万円プラス上乗せ」の案が軸だ。
 収支が合うのか、つなぎ期間が不明―などと批判点はある。
 が、特に民主の詳細な公約などは前進していると言える。
 しかし一党だけの案が通る状況ではない。肝心なのは各党が国会で成案を得る覚悟と誠意に国民の信頼を得ることだ。
 財源の7割が税金で、懸け離れて手厚い議員年金の改革はそのバネとなったはずだが、棚上げされた。逃げ腰だった自民は特に批判されるべきだ。
 年金に続く課題は医療制度改革だ。政府は03年、75歳以上が対象の新保険制度の創設を閣議決定、来年の通常国会に法案を出す手順だった。膨らむ医療費をどこまで、どう抑えるか―の難問だ。
 この問題も政争の具とするのは許されない。各党は獲得する票を足場に妥協し合い、政治の知恵を示していくしかない。

posted by hiro at 09:45| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

こんなオチかい

(YOMIURI ONLINE 2005年8月22日(月)11:41【ロンドン=飯塚恵子】)

「ピアノマン」が沈黙破る…同性愛者のドイツ人
 
 英大衆紙デイリー・ミラー(電子版)は22日、英南東部ケント州の海岸で4月初めに保護され、「謎のピアノマン」と言われた身元不明の男性がドイツ人で、一言もしゃべらなかったのは医師らをかつぐための芝居だったと報じた。男性は20日、ドイツに飛行機で帰国したという。
 同紙によると、男性は19日、病院職員がいつも通り「きょうは話をしてくれる?」と語りかけると、「はい。そうしましょう」と初めて口を開き、自らの正体について告白した。
 それによると、男性は同性愛者で、パリで失業し、4月に高速列車に乗って英国入りし、自殺を図ろうとしていた。
 男性については、当初、「身元を尋ねられると、無言でピアノの絵を描き、見事なピアノ演奏を披露した」とされていたが、実際には、ピアノは同じキーをたたき続けるだけで、ほとんど演奏できなかった。ピアノの絵は「最初に思いついただけ」と話した。
 男性は以前、精神医療関係の仕事に就いていたことがあり、2人の専門医や看護婦らはまったくだまされてしまっていたという。英医療当局は、4か月余りの診断費、入院費などの返還を求め、男性を訴えることを検討している。
 男性について各国メディアが大きく報じたため、世界中から身元に関する情報が1000件以上寄せられたが、これまで身元は特定されなかった。

斜視的考察
posted by hiro at 14:09| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまには、こんなのも

(時事通信2005年8月21日(日)11:09【ハーグ20日】)

アインシュタイン「最後の理論」の原稿発見=オランダ

相対性理論で知られる天才物理学者アインシュタイン(写真)が予言した「最後の重要理論」ともいわれる「ボーズ・アインシュタイン凝縮」について、アインシュタイン自身の手書きによる原稿が、オランダ国内で発見された。ハーグ近郊のライデン大学が20日、明らかにした。
原稿が見つかったのは、アインシュタインの友人で元ライデン大教授の故ポール・エーレンフェスト氏の書庫内で、収蔵書類の中から学生が見つけたという。
手書き原稿は16ページで、作成されたのは1924年と見られ、「ボーズ・アインシュタイン凝縮」理論として知られている超低温での気体原子の状態について記されている。この理論が実験で証明されたのは、アインシュタインの予言から70年以上が過ぎた1995年のことだった。
ライデン大付属のローレンツ科学研究所の研究者は、「これはアインシュタインによる最後の重要な発見をめぐるもので、貴重な文献だ」と話している。アインシュタインはライデン大客員教授を務めたこともあり、この原稿は同大学に保管される見通し。〔AFP=時事〕

posted by hiro at 08:45| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

おっ!

(asahi.com2005年8月19日(金)21:11)

シリコン半導体で量子コンピューター基本素子を開発

 けた違いに超高速の次世代計算機「量子コンピューター」の基本素子をシリコン半導体で作ることに成功した、と日立製作所系の日立ケンブリッジ研究所(英国)が19日発表した。基本素子は超伝導体などですでに実現しているが、現代の情報技術の基幹材料であるシリコン半導体では初めて。微細加工などこれまでの技術の蓄積が活用できるため、将来の実用化に欠かせない集積化で有利になるという。
 量子コンピューターは、極微の世界であらわれる「状態の重ね合わせ」という不思議な性質を利用して計算能力を劇的に高める技術。気象予測やデータ検索などで威力を発揮すると期待され、世界中で激しい開発競争が進んでいる。
 同研究所は英ケンブリッジ大と共同で、「二重量子ドット」という極微の素子1個をシリコン半導体で作製。電気信号によって電子の重ね合わせ状態を制御でき、読み取れることを確かめた。
 この素子は多数を結合させやすく、重ね合わせの持続時間も約500万分の1秒と、ほかより数十倍以上長い。デビッド・ウィリアムズ所長は「これほど拡張性の高い基本素子はない」と話す。


posted by hiro at 21:11| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

本当かいな

(読売新聞2005年8月17日(水)23:23【モスクワ=古本朗】)

英語が読めたら…露海軍、説明書読めず潜水艇救出失敗

 ロシア海軍の潜水艇AS28がカムチャツカ沖で浮上不能に陥り、英海軍チームに救出された事故を巡り、露海軍が自力救出できなかったのは、高性能の外国製救難装置を持ちながら、使い方が分からず壊してしまったからだ――という不名誉な内幕が、17日までに明らかになった。
 露紙コムソモリスカヤ・プラウダなどによると、AS28が4日、深さ190メートルの海中で密漁者の網やロープに絡まり動けなくなった際、露海軍は先に英企業から買い付けた高性能の無人深海救難装置を投入した。
 遠隔操作のアームで網などを切断してAS28を救い出すはずだったが、露海軍総司令官代行、ウラジーミル・マソリン大将によると、救難装置の遠隔操作を任されたスタッフは「どのボタンを押せばよいのかも知らない」有り様で、壊してしまった。救い出されたAS28の乗組員は、同紙に、「使用説明書が英語なので、誰も読めなかった」と説明した。
 大将は「失態」の原因は「ロシア特有の無責任、ズサンさと怠慢にある」と怒り心頭で、艦隊検察部は、救難装置を搭載した水上艦の艦長を「職務怠慢」容疑で取り調べ中だ。

posted by hiro at 09:47| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

お工作の時間ですよ(partII)

(産経新聞2005年8月15日(月)02:47)

内閣支持率57.2% 拉致家族帰国時の高水準 フジ「報道2001」

 小泉純一郎首相の衆院解散断行とそれに続く反対派前議員の自民党非公認、対抗馬擁立といった政治行動が、内閣支持率アップにつながっていることが鮮明になった。十四日放送のフジテレビ「報道2001」が実施した世論調査(調査実施は十一日)によると、衆院解散前に比べて小泉内閣支持率は7・8ポイント増の57・2%に急上昇、自民党の支持率も10・2ポイント増の38・6%にアップした。
 解散直後の八−九日に実施された各種世論調査の支持率は46−47・7%。調査方法が違うため速断はできないが、解散直後より支持率がアップする傾向は、自民党にとって有利で、政権奪取をめざす民主党にとっては、選挙戦術の見直しを迫られる結果となった。
 報道2001調査で内閣支持率が55%を超えたのは、小泉首相が再訪朝し、拉致被害者家族五人の帰国を実現した平成十六年五月二十二日の直前(五月二十日57・2%)と直後の二回(五月二十七日61・4%、六月三日56・0%)以来。衆院解散前は40%台から50%台前半で推移していた。自民党支持率も解散前は25%程度にとどまっており、「郵政解散」断行が首相にとって追い風になったのは確かだ。
 一方、自民党の支持率上昇は報道各社が衆院解散直後に実施した世論調査でも明確に出ており、軒並み民主党支持率の一・五倍から二倍前後になっている。衆院選後に期待する政権の形も「自民党中心」(自民単独を含む)が「民主党中心」(民主単独を含む)を10−15ポイント上回っている。
 このため現時点で投票が行われれば、「自民党勝利」の可能性が高いとみられる。だが、自民党執行部は「この勢いがいつまで続くかは読み切れない」として上滑りを警戒している。

斜視的考察
posted by hiro at 10:30| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

兵隊無用?

(時事通信08月12日09:55【AFP=時事】)

無人戦闘攻撃機

米航空機大手ボーイングが開発中の無人戦闘攻撃機「X45A」。写真はエドワーズ空軍基地で10日に行われた試験飛行の様子。完成すれば地上レーダーやミサイル発射施設を識別し攻撃できるようになるという(米国)


斜視的考察
posted by hiro at 09:04| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

拍手

(しんぶん赤旗2005年08月12日12時09分)

キリンとアサヒ…自民と民主の差はその程度!?/HPで民主副代表

 民主党の石井一副代表は、自民党と民主党の違いはキリンビールとアサヒビールの違い程度にすぎないことを、自身のホームページで説明しています。
 ホームページに掲載された「第31回石井一を囲む朝食会」(昨年十月二十七日)での講演(全文)のなかの発言。石井氏は「民主党と自民党と政権変わってどないなるのと言われた場合に、なかなか説明はしにくいけれども、…世の中には、キリンビールもあればアサヒビールもあります。日航もあれば全日空もあります。トヨタもあれば日産もある」「政治という基本的な根幹の物が、唯(ただ)一つの商品しか無いというところにこの国の不幸があるわけでありまして、…我々のやり方が悪ければまた、元の製品に戻ってもらうと、こういう日本の爽(さわ)やかな民主主義を創(つく)っていく」などとのべています。

斜視的考察
posted by hiro at 14:08| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奪ったものを返せよな

(ゲンダイネット2005年08月12日10時00分【2005年8月9日掲載】)

「失われた5年だった」小泉政権

 ついに「自爆テロ解散」になった。4年4カ月にも及んだ小泉政権とは一体何だったのだろうか。選挙前に一度検証しておく必要がある。それをひと言で言えば、失われた10年に続く新たな「失われた5年」であった。なぜ、そうなったか。
 そもそも小泉政権が繰り返した「構造改革」VS.「抵抗勢力」という2分法自体が、完全に時代遅れだった。それは1980年代のサッチャー、レーガンの時代を真似たものである。だが、当時は猛烈なインフレ時代。サッチャーやレーガンは、インフレ抑制のために、民営化や規制緩和政策によって雇用を不安定にして消費を抑えたのだ。この時代錯誤の政策を今やれば、デフレ脱却が遅れるのは当然だろう。
 それより何より、日本が直面している数々の課題は、もはや「構造改革」(供給サイド)か、「景気対策」(需要サイド)かという単純な政策対立の枠組みでは解決できないものばかりになっている。膨大な財政赤字、少子高齢化と年金制度、補助金政治と地域格差、雇用の不安定化と格差……といった課題がそうだ。あらゆる制度がもたなくなっている。
 いま必要な改革とは、社会の仕組みを変えることによって、破綻寸前のこの社会を持続可能なものに変えることである。それに役立つなら、官だろうが、民だろうが、どちらでもいいのだ。それなのに小泉首相は「官か民か」と、手法の選択ばかりを繰り返してきた。実に不毛な議論だった。
 それでも多くの国民は「構造改革」という言葉に踊らされてきた。人は過去の思考から簡単には逃れられないものだ。いかに時代遅れだろうと、小泉の「改革」という言葉を信じるしかなかったのだ。
 しかも、小泉首相は、スローガンを叫び感情に訴えるだけで、具体的な政策については説明責任を放棄してきた。いわゆる「ワンフレーズ・ポリティクス」だ。その結果、国民は思考停止に陥り、議論の場である国会を空洞化させてしまった。その意味で、小泉政治の最大の罪は、人々から思考力を奪ってしまったことにある。もし小泉のワンフレーズを口にしている自分を発見したら気をつけろ! それはバカが着実に進行している症状だからだ。【金子勝】

posted by hiro at 13:54| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。