2005年09月04日

悲しみよ……

(読売新聞2005年9月2日19時54分)

「悲しみよこんにちは」を翻訳、朝吹登水子さん死去
 サガン、ボーボワールの翻訳者として知られた朝吹登水子(あさぶき・とみこ)さんが2日、死去した。88歳だった。告別式は4日午前10時、東京都港区高輪3の15の18高野山東京別院。喪主は孫の牛場潤一氏。
 東京生まれ。戦前にパリ留学し、1950年にデザイナーを目指し再び渡仏。52年にオートクチュール・デザイナーの資格を得た。哲学者の森有正の勧めで翻訳を始め、昨年9月に死去したフランソワーズ・サガンの世界的ベストセラー「悲しみよこんにちは」の翻訳(55年刊)で一躍脚光を浴びた。
 以後サガン作品のほとんどを手がけたほか、ボーボワール「娘時代」「女ざかり」(共訳)も翻訳。サルトルとも親交を持った。
 また、日本人として初めてカンヌ国際映画祭の審査員を務め、2000年、仏レジオン・ドヌール勲章を受章した。
 小説家としては77年、自伝的長編「愛のむこう側」を発表。軽井沢の古き良き時代を描いたエッセー「私の軽井沢物語」など著書多数。


ご冥福を
posted by hiro at 20:10| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。