2005年11月01日

町の本屋さんはどうなる?

(ITmediaニュース11月1日18時42分更新)

事前に本の中身をチェック Amazon.co.jp、書籍全文検索を開始

 「Amazon.co.jp」を運営するアマゾンジャパンは11月1日、書籍を購入前に全文検索・閲覧が可能な「なか見!検索」を始めた。米国などで開始済みの「Search Inside!」の日本語版で、和書と洋書合計13万冊以上が対象。必要な書籍を見つけやすくなる上、事前に書籍の中身を確認してから購入できるようになり、ユーザーの利便性が高まるとしている。
 現在の書籍検索機能から統合的に利用できる。検索窓に探したい単語などを入力して検索すると、書名のヒット分に加えて、書籍内の全文検索結果も別タブで選んで表示できる。
 検索結果ページには、全文検索にヒットした箇所の引用が表示され、クリックすると実際の書籍の該当ページが表示される。デザインやレイアウト、写真、挿絵などは実際の書籍と同じ状態で閲覧可能だ。
 ただ、閲覧できるのは、検索でヒットしたページから前後2ページ分に限られ、別の検索語で閲覧を繰り返しても全ページの閲覧はできない仕組みになっているという。書籍内を閲覧するには過去に同社で商品を購入したことがあるのが条件で、サインインしておく必要もある。「著作権保護のため制限をかけながら、利便性とのバランスをとった」(同社)
 対象となるのは講談社やソフトバンククリエイティブ、日経BP出版センターなど国内外の合計約280社の13万冊以上。国内出版社と和書の割合は非公開だとしている。書籍のデータ化はアマゾンが行い、現時点では出版者側に費用は発生していないという。
 新サービスは、米Amazon.comが2003年10月に始めた「Search Inside!」の日本語版。英国では今年7月、ドイツとカナダでは8月に始めた。

■さらに画像の入った記事はこちら
  http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/01/news066.html

http://www.itmedia.co.jp/news/


あるといいのになあ、と思っていたものなので、今後にも注目。
で、
さっそくちょっと使ってみた。
まだ、うまく使いこなせていないが、なかなか便利そうだ。
実際にある本屋さんに行って、本の中身を確認し、ネットで買う、というのが最近の私の基本的なスタイルなのだが、これの範囲が拡大するにつれて、全く本屋さんには行かなくなるのだろうか。
そんなことはないだろう、となんとなくは思う。
手に取ってみる、という行動も本に対する大切な行動のような気がしているし、実際、本屋で買うことも多い。
ネットではまだ、自分が知らない本との出会いが、難しい。
しかし、ネットの本屋さんが、実際の本屋さんにいる雰囲気で、本を眺めていける感じが醸し出せた時、実際の本屋さんの生き残りは随分難しくなるだろうね。
特に、車が使えなくなった時や足の自由がきかなくなったとき、ネットは非常に便利だろうからね。
とりとめがなくなってしまった。

posted by hiro at 19:30| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。