2005年10月30日

複雑な気持ち

(asahi.com2005年10月29日(土)20:32)

仏のカフェも全面禁煙に? 与党議員、11月に規制法案

 たばこ規制が甘かったフランスで、与党の有力議員が飲食店を全面禁煙にする法案を11月初めに提出する。個人の自由へのこだわりが強いお国柄だが、非喫煙者の「健康を守れ」という声は高まるばかりだ。
 法案を出すのは民衆運動連合(UMP)のイブ・ビュール下院議員(副議長)。禁煙席を設けるだけの分煙措置では「喫煙区域でも働かなければならない従業員の健康を守れない」と主張。働く者の権利という、これまたフランス人の琴線に触れる価値観も支えにしている。
 仏政府は03年に「たばことの戦争」を宣言、課税強化などで喫煙者減らしに乗り出した。仏国鉄の列車は年内に全面禁煙となり、喫煙者にとってはカフェやレストランが最後のとりでだった。
 全面禁煙に反対する仏たばこ販売店組合のルネ・ルパープ会長は、パリジャン紙に「飲食店の空調は改善されている。談笑と共生のカフェ文化を拒否するような社会を望むのか」と訴えている。
 欧州では04年3月、アイルランドが飲食店を含む公共スペースの禁煙化を実現。ノルウェー、イタリア、スウェーデンでもほぼ同様の規制が実施されている。


たばこを吸わなくなってから、10年以上経った。
人間とは(いや、私は、か)勝手なもので、吸っていたときには周りの迷惑などあまり考えることもなかったのだが、今や、たばこの煙には殺意すら覚える。
特に、食事をする場所でのたばこの臭いは(そういえば、化粧の臭いも)、食べ物に対する侮辱である。
で、このフランスの話題だが、大学時代、「哲学」の話には、たばこは欠かせない存在だった。
喫茶店で、そして、たばこで、哲学の問題を語り合ったように思う。
哲学書でも、たばこが哲学の問題の例えに使われていたように思う。
あくまで、そんな気がするということだが、フランス哲学を思うとき、たばこはそれにもれなく付いてくるような気さえする。
上、2点を思うとき、この話題は何となく複雑である。
posted by hiro at 09:35| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8756218
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。