2005年10月15日

敗北宣言ですか

(読売新聞10月15日1時14分更新)

将棋ソフトと対局、プロ棋士に禁止令

 日本将棋連盟は14日、プロ棋士と女流タイトル保持者がコンピューター将棋ソフトと公の場で対局するのを禁止したと発表した。
 将棋ソフトは、今年6月のアマ竜王戦全国大会で特別参加した「激指(げきさし)」が、アマ強豪に交じって予選を突破、ベスト16入りしたほか、先月も将棋ソフトとハンデなしの公開対局した五段の若手棋士が負けそうになったことがある。
 最強レベルのいくつかのソフトはすでにアマトップクラスに近く、ほかにも同連盟に対し、プロとの公開対局を希望する企業があるという。
米長邦雄・同連盟会長は「プロの世界は対局棋譜が財産。将棋ソフトの発展には協力したいが、ソフトと人間がきちんとした場で対局する環境が出来るまでは安易に指さないでほしい」と話している。
米長さんも最近、何だかなあ、ですね。
「ソフトと人間がきちんとした場で対局する環境が出来るまでは……」って、さっさと環境を作ればいいでしょうが。
10年以上も前になるかと思うが、内藤さんが「人間がソフトに負けたら、香が1つだけ後に戻れるとように将棋のルールを変えれば、さらに10年は人間が勝つんじゃないの」と言っていたような気がする。
まあ、この意見も今にして思えば、何だかなあだけど、まだ数段ましじゃないの。
でも、米長さんはいつから会長だったんだ。
将棋から離れてだいぶ経ったからなあ。

posted by hiro at 12:41| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。