2005年10月09日

ばっかじゃないの

(共同通信10月9日16時20分更新)

接客態度をバッジで格付け 郵政職員、4段階に

 日本郵政公社は9日、顧客に直接応対する非常勤を含む職員約34万人を対象に、試験の成績などで接客態度や商品の説明能力を格付け評価する認定制度を始めたことを明らかにした。
 認定する格付けは、良い方から「3つ星」、「2つ星」、「1つ星」の3段階で、認定外の「星なし」を加えると、職員が4段階に階層化されることになる。認定されると、格付けに応じた星の柄が入ったバッジを授与され、職員が胸につけることで、顧客からも分かるようにする。


こんな安直な方法ばかり考えているから、いいものもダメにするんだよ。
posted by hiro at 17:07| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7914405
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

●挨拶ができない職員から普通の社会人までを、星の数でランク付け?
Excerpt: 日本郵政公社は、約38万人の職員のうち、顧客とじかに接する約34万人の接客態度を良い方から「三つ星」「二つ星」「一つ星」「星なし」の星の数でランク付けする。まずは二つ星以下まで年内に認定。星の取得後は..
Weblog: 讀読新聞blog版
Tracked: 2005-10-09 17:22

郵政公社職員に格付けバッジ
Excerpt: 郵政公社が職員を対象に接客マナーの格付けを星の数で表すバッジ制度を導入する。窓口業務などで星の数で職員のレベルが分かるようになる。 星なしから、1つ、2つ、3つの4段階で、星のないものでも業務か..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2005-10-09 18:09

郵政公社のゆかいな評価
Excerpt: ハッッハッッハッッ・・・ 面白い事考えたネ~~ア~~って笑えないよ。。。ハァ。 日本郵政公社が、約34万人の接客態度を良い方から「三つ星」「二つ星」「一つ星」「星なし」の星の数でランク付けし、星の絵柄..
Weblog: One And Only
Tracked: 2005-10-09 21:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。