2005年09月07日

どうなんだろう

(毎日新聞2005年9月6日東京朝刊【イスラマバード西尾英之】)

米ハリケーン:アジアの最貧国バングラデシュ、100万ドルを寄付

 バングラデシュ政府は5日、米国南部を襲ったハリケーン「カトリーナ」の被災者に対し、緊急人道支援として100万ドル(約1億1000万円)を送ると発表した。
 バングラデシュは1人当たり国民総所得が年400ドルとアジアの最貧国の一つ。毎年のようにサイクロンやモンスーンによる大雨で数百人から数千人の単位で死者が出ている。このほかインドが500万ドル、アフガニスタンが10万ドルなど各国が米国への支援を表明。一方で「もし被災者の多くが白人であったら、事態はここまで悪化しただろうかとの疑問を多くの人が抱いている」と、5日付パキスタン紙「ドーン」が指摘するなど、世界の指導者として振る舞う米国で、内部に抱える矛盾が今回の災害を機に噴出したとの見方を伝えている。

posted by hiro at 01:21| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。