2005年08月19日

おっ!

(asahi.com2005年8月19日(金)21:11)

シリコン半導体で量子コンピューター基本素子を開発

 けた違いに超高速の次世代計算機「量子コンピューター」の基本素子をシリコン半導体で作ることに成功した、と日立製作所系の日立ケンブリッジ研究所(英国)が19日発表した。基本素子は超伝導体などですでに実現しているが、現代の情報技術の基幹材料であるシリコン半導体では初めて。微細加工などこれまでの技術の蓄積が活用できるため、将来の実用化に欠かせない集積化で有利になるという。
 量子コンピューターは、極微の世界であらわれる「状態の重ね合わせ」という不思議な性質を利用して計算能力を劇的に高める技術。気象予測やデータ検索などで威力を発揮すると期待され、世界中で激しい開発競争が進んでいる。
 同研究所は英ケンブリッジ大と共同で、「二重量子ドット」という極微の素子1個をシリコン半導体で作製。電気信号によって電子の重ね合わせ状態を制御でき、読み取れることを確かめた。
 この素子は多数を結合させやすく、重ね合わせの持続時間も約500万分の1秒と、ほかより数十倍以上長い。デビッド・ウィリアムズ所長は「これほど拡張性の高い基本素子はない」と話す。


posted by hiro at 21:11| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。