2005年08月09日

う〜ん、その後

(asahi.com2005年8月9日(火)00:01)

毎日新聞社がおわび掲載へ 高野連幹部の発言めぐり

 第87回全国高校野球選手権大会の6日の開会式前に、高陽東(広島)が全代表校に黙祷(もくとう)を呼びかけようとした際、日本高校野球連盟幹部が「原爆は広島だけのこと。この場でみんなを巻き込むのは良くない」と制した、と毎日新聞が報道したことについて、毎日新聞社は8日、「そのような趣旨の発言をしていないことが分かった」として、発言個所と「原爆は広島だけ」(大阪本社の夕刊)との見出しを削除する「おわび」を、この発言を掲載した地域の9日付朝刊に載せることを明らかにした。
 毎日新聞大阪本社の出口正作代表が8日、阪神甲子園球場を訪れ、日本高野連の脇村春夫会長に「取材の不備でご迷惑をかけた」と口頭で謝罪した。連盟側は謝罪を受け入れ、幹部の名誉回復への配慮などを求めた。


人のうわさ話を確認もせず、記事にしてしまう。
最近のマスコミなるものの態度だよね。
まあ、人のことが言える身分じゃないけどさ。
おそらく、
「全校での黙祷は無理。広島代表の高陽東だけでお願いできまいか」
と言う趣旨の発言を、そばにいた誰かが、言葉の断片だけを聞いて、
「広島だけ」と言っていたよ、と言ったのに、飛びついたんだろうけどね。
で、問題の本質は
「広島だけ」を言ったか言わないかではない
「黙祷を呼びかけたい」という心意気を、
何としても(というほど難しいことか)聞いてあげなかったことだ。
そのことに、積極的に協力する、進んで一緒に実現させる、
というのが本当だろう。
決まり切ったことしかできない、形式だけ重視、
JR西日本の件にも通じそうな態度だよね。
困ったものだ。
日本もそろそろ本質重視の国に変わろうよ。
posted by hiro at 09:00| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アカヒ新聞の常習テロ2with毎日新聞
Excerpt: 朝日・毎日の”アカの中の懲りない面々”達が、またまたやってくれましたよ。
Weblog: 神のいどころ
Tracked: 2005-08-12 01:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。