2005年07月15日

野生の思考はお読みですか?

(毎日新聞 2005年07月13日11時31分)

<石原都知事>「フランス語は国際語失格」発言で提訴される

 石原慎太郎・東京都知事が「フランス語は数を勘定できず国際語として失格」などと発言したのは名誉棄損に当たるとして、都内のフランス語学校校長、マリック・ベルカンヌさん(46)や日本人のフランス語研究者ら21人が13日、石原知事を相手に、新聞への謝罪広告掲載と計1000万円余の慰謝料を求めて東京地裁に提訴した。
 石原知事は昨年10月、首都大学東京(今年4月開学)の支援組織設立総会で「フランス語は数を勘定できない言葉だから国際語として失格しているのも、むべなるかなという気がする」と発言。フランス語は「70」を「60+10」、「80」を「4×20」などと数えるため、知事の発言はこうした数え方を念頭に置いたものとみられる。
 これに対し、原告は「フランス語は数を数えられ、国際機関や多数の国で公用語として使われている。虚偽の発言で母国語として話したり研究する者の名誉を傷つけ、学習者の意欲をそぐことで語学校の業務を妨害した」などと主張している。原告代理人の酒井幸弁護士は「一部に変わった言い方があるが、『数えられない』との発言は理解できない」と批判した。
 石原知事の発言を巡っては、01年の雑誌インタビューで大学院教授の言葉を引用し「『文明がもたらしたもっとも悪(あ)しき有害なものはババア』なんだそうだ」と述べ、02年に都内の女性が慰謝料を求めて同地裁に提訴。今年2月「個々人の名誉を傷つけたとはいえない」と棄却され、原告側が控訴中。【井崎憲】
 都知事本局秘書課の話 訴状が届いていないので何とも申し上げられない。
都立大学はなかなかよい大学だとの認識があったのだが。
何故、首都大学に。
まあ、首都を移転したくないんだろうな。
そのおかげで、優秀な教授達が結構追い出される形で他の大学に移っているとか。
内部の呼び方では、「しゅとだい」ではなく、「くびだい」とか。
まあ、噂ですけどね。

レヴィ・ストロースの「野生の思考」をお勧めします。
でも、
価値観というのは、それが出現する場を考察しその場での意味を理解するのでなくては、
考察自体が完全に無意味であるということが、彼には分からんだろうな。
posted by hiro at 00:15| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5090322
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

文化の差が分からぬ愚者2人
Excerpt: 石原慎太郎も愚か者(記事)だが、この記事を書いたロイターの記者も阿呆である。 簡単に言えば、石原もこのライターも、相手の文化を理解できない自分の愚かさを棚に上げて、自分に理解できない文化はおかし..
Weblog: ◆木偶の妄言◆
Tracked: 2005-07-16 02:59

いいのかよ??、こんな人が知事で
Excerpt: 人気ブログランキング参加中
Weblog: おフランスざんす
Tracked: 2005-07-18 10:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。