2005年05月26日

面白い論理学ですな

(朝日新聞 2005年05月26日)

「A級戦犯はもう罪人でない」自民代議士会で森岡政務官

 森岡正宏厚生労働政務官は26日の自民党代議士会で、小泉首相の靖国神社参拝に関連して、「極東国際軍事裁判は、平和や人道に対する罪だとかを占領軍が勝手に作った一方的裁判だ。A級戦犯の遺族には年金をもらっていただいており、日本国内ではその人たち(A級戦犯)はもう罪人ではない」との考えを示した。この発言に対し、政府は「個人の見解」(細田官房長官)として、森岡氏から事情を聴くなどはしない方針だ。
 森岡氏は「中国に気遣いして、A級戦犯がいかにも悪い存在だという処理のされ方をしているのは残念だ。日中、日韓関係が大事というだけで、靖国神社にA級戦犯がまつられているのは悪いがごとく言う。こういう片づけ方をするのは後世に禍根を残す」とも指摘した。
 小泉首相は26日、森岡氏の発言について、記者団に「聞いてませんけどね。どういう発言をしたのか。今そんな発言を取り上げても、しょうがないんじゃないですか。戦争裁判で済んでいるじゃないですか。私の靖国参拝とは関係ありません」と語った。
 細田長官は同日の記者会見で、「事実関係は種々誤りが含まれており、論評する必要はない。極東軍事裁判などは政府として受け入れている。政府の一員として話したということでは到底ありえない」と述べた。
 森岡氏は88年に「日本に中国侵略の意図はなかった」と発言して国土庁長官を辞任した奥野誠亮元法相の秘書を経て、衆院議員となった。

命題「遺族が年金をもらう→罪を犯した人が無罪」
これが「真」だと宣う。
では、対偶「罪を犯した人が有罪→遺族は年金をもらえない」
こんな法律はあったんだっけ。
もしあったとしたら、とんでもない法律ですね。
大体、犯罪人本人の有罪性がその家族にも及ぶ、という考え方そのものが、
家族制度の悪い部分の象徴的考え方ですな。
高校等の部活等でも、部員の誰かが(あるいは何人かが)何か問題をおこすと、
それが部活動と関連のないことでも、部全体の責任が問われ、
活動停止or大会の参加停止等においこまれる。
全く変だよなあ。
posted by hiro at 23:01| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3927965
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。