2005年05月20日

得意技は知らんぷり 日本政府

(毎日新聞 5月20日10時8分更新)

尼崎脱線事故 JR西社員への嫌がらせや暴力行為相次ぐ

尼崎脱線事故の後、JR西日本社員への嫌がらせや暴力行為が相次いでいる。同社は「列車の安全な運行に支障が出かねない」として、主要駅のホームに計約30人の警備員を配置、運転士や車掌の安全確保に乗り出した。
 警備員は大阪や天王寺、京都など運転士らが乗務を交代する主要駅に配置。午前9時〜午後10時まで、ホームで乗務員に付き添うように見守っている。
 同社によると、報告があった暴言や嫌がらせなどは計約220件(11日現在)。このうち7割を超える約160件が京阪神で起き、女性運転士がけられたり、乗務員室に強引に入って来て車掌を小突くなどの暴力行為も目立っている。運転士らからは不安を訴える声が上がっており、警備員の配置は当分の間続けるという。【川上克己】

posted by hiro at 14:34| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

尼崎駅乗り継ぎ時間延長へ 運転士への重圧考慮
Excerpt:  JR宝塚線(福知山線)の脱線事故を受けてダイヤ編成の見直し作業を進めているJR西日本は、同線と東西、神戸の各線が乗り入れる尼崎駅(兵庫県尼崎市)での乗り継ぎ時間を延長する方針を固めた。現在、乗り継ぎ..
Weblog: ニュース - FNB2005
Tracked: 2005-05-21 10:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。