2005年09月30日

ヒソカにバンザイ

(ITmediaニュース9月30日17時16分更新)

ジャストが逆転勝訴 「一太郎」アイコン訴訟

 ジャストシステムの「一太郎」「花子」に特許を侵害されたとして、松下電器産業が両ソフトの製造販売差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決が9月30日、知的財産高裁であった。篠原勝美裁判長は「松下の特許は進歩性を欠き、無効とすべきもの」だとし、ジャストシステムに一太郎と花子の製造・販売の中止と在庫品の廃棄を命じた一審判決を取り消し、松下の請求を棄却した。ジャスト側が逆転勝訴した。
 訴訟では、両ソフトに搭載された「バルーンヘルプ」機能が、松下のワープロ用技術の特許を侵害しているかどうかが争われた。2月の東京地裁判決は松下側の主張を認め、両ソフトの製造・販売の中止と製品の廃棄を命じた。これに対しジャストは「到底承服できない」として控訴していた。
 控訴審は4月に発足した知財高裁で行われ、裁判官5人による「大合議」を初めて採用して審理を迅速化。控訴から約8カ月で判決が出た。
 ジャストシステムは判決について「当社の主張が認められた公正・妥当なものであると考えている」とのコメントを発表した。
http://www.itmedia.co.jp/news/


最近斜めじゃないぞ
posted by hiro at 17:48| 宮城 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

私もMさんは大嫌いです

(スポーツニッポン2005年9月28日(水)06:15)

さとう宗幸 田尾監督解任に激怒

 プロ野球の楽天ゴールデンイーグルスを応援してきた仙台市出身のシンガー・ソングライター・さとう宗幸(56)が、田尾安志監督(51)を解任した球団の姿勢に怒りをぶちまけた。さとうは27日、テレビ出演のため上京。収録前、スポニチの取材に「1年で手腕を評価していいのか。全く解せない」と、三木谷浩史オーナー(40)をはじめとするフロント陣に苦言を呈した。
 淡々と語るスタイルは普段どおりだが、口をつく言葉はとげとげしい。「寄せ集めのチームで、監督も未経験者。ゼロからプラスの方向へ向かっていくチームのはず。だからわが子のように可愛いんです。あまりにも解せない」とさとう。
 ファンクラブ名誉創立会員。球団の公認イメージソング「夢のつばさ」を制作し、本拠地第2戦の西武戦では国歌独唱も務めた。陰の立役者的存在だ。チームへの深い愛情が、不可解な「監督交代劇」を経てフロントへの憎悪へと変わっていたという。「もう球場には足を運ばないし、年間シートも買わない。イメージソングも歌わない。Mさんには裏切られた気分です」。三木谷オーナーをイニシャルで呼ぶほど怒りは頂点に達していた。
 公認ソングは昨年末、田尾監督がパーソナリティーを務めていたニッポン放送「ショウアップナイターストライク」の放送内でレコーディングを約束。開幕前の3月、「夢のつばさ」が完成した際、フルキャストスタジアムで田尾監督と初対面しCDをプレゼントした。
 歌には、勝敗で一喜一憂せず長くチームを応援し見守っていくというメッセージを込めた。成績不振で終わっても構わない、愛すべきチームになってほしい。そんな思いからだ。だからこそ、田尾監督についても「なんとかして東北の色に染まろうとしてくれた。そしてナインも積極的にファンサービスをした。成績も大切かもしれないけど、今のプロ野球に一番大切なことを実践してくれた」と“功績”を評価している。
 野村克也氏の監督就任については「偉大な人が監督をやってくれるのはうれしいけど、田尾さんが取り組んだ積極的な地元密着も忘れないでほしい」。チームを愛するがゆえの注文も忘れなかった。


懐疑的感想
posted by hiro at 16:04| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 感心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

本当かいな(2)

(ロイター2005年09月17日10時10分[シドニー16日ロイター])

4万ボルトの静電気を帯びた服を着ていた男、火災騒動を引き起こす

 あるオーストラリア人男性が、4万ボルトの静電気を蓄積した服を着用したまま出歩き、カーペットを焦がしたり、プラスチックを溶かしたり、さらには消防隊が出動するまでの騒動を引き起こした。
 フランク・クルーワー氏が着ていたのはウールのシャツと、合成ナイロンのジャケット。服が擦れ合うことにより、いつの間にか「ものすごい量の静電気」が服に蓄積されていった。
 木曜日、ビクトリア州ワーナンブールにあるビルにクルーワー氏が入ったところ、静電気によりカーペットが引火。金曜日、クルーワー氏は「まるで爆竹みたいな音がした」と、その時の様子をラジオで語った。
 「5分と経たないうちに、カーペットが燃え始めました」
 ビルで働いていた職員達は消防署に連絡、隊員達はビルから全員を避難させた。
 消防士ヘンリー・バートン氏は、「駆けつけると、何箇所かカーペットが焦げているのを発見しました。しかもビルの内外で、『パチパチ』と何かをムチで打っているかのような音がしていました」と当時の状況を説明した。
 漏電が原因かもしれない、と消防士達はビルの電源をカットした。
 一方、ビルを出たクルーワー氏は、車の床でプラスチックの破片が溶けるのを目撃し、驚いてビルに引き返して消防隊員に助けを求めた。
 「我々はクルーワー氏の衣服に帯電している静電気を計測しました。結果、4万ボルトもの静電気を蓄積していることが分かったのです。自然発火する一歩手前の状態でした」と、バートン消防士。
 「35年間、消防士として働いていますが、こんなことは初めてです」
 その後、消防士達は放電し続けるクルーワー氏のジャケットを消防署に持ち帰った。
 シドニー大学の電気工学部上級講師、デビッド・ゴスデン氏は「静電気がカーペットに引火するためには、条件が全て揃っていなければなりません」とロイターに語った。
 「静電気のメカニズムは雷と似ています。雲上の大気が乾燥した状態で、雲と雲が擦れ合って雷が発生するのです」とゴスデン氏はコメントした。



斜視的でもない考察
posted by hiro at 13:53| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

一条の光明

(毎日新聞9月23日20時27分更新)

<イラク反戦広告>全米15紙に掲載「彼らがウソついた」 

 【ワシントン及川正也】「彼らがうそをつき、彼らが死んだ」。22日付の米ワシントン・ポストなど全米15紙にイラク反戦団体「ウィン・ウィズアウト・ウォー(戦争なき勝利)」のイラク戦争反対を訴える見開き2ページの広告が掲載された。
 24日にはイラク反戦の象徴的存在となったシンディ・シーハンさんも加わり、ワシントンで大規模な反戦集会が予定されている。ブッシュ大統領は22日、イラクからの米軍撤退を求める反戦運動を「彼らの立場は間違いだ」とけん制したが、AP通信によると、反戦団体は100万ドル(約1億1000万円)を反戦広告に投入、支援の輪を広げる方針という。
 新聞広告は左面が「彼らがうそをついた」という見出し。ブッシュ大統領、チェイニー副大統領、ラムズフェルド国防長官、ライス国務長官の写真の下に「(大量破壊兵器の)ありかを我々は知っている」(ラムズフェルド国防長官)、「我々は大量破壊兵器を発見した」(ブッシュ大統領)など過去の発言録を引用、現実とのかい離を印象付けている。
 右面は「彼らは死んだ」と題する広告で、9月12日時点でイラクで死亡した米兵1900人弱の氏名が掲載され、「大統領、あと何人死ねばいいのか」と投げかけ、「ブッシュ大統領にイラク戦争をやめさせたい」と訴えている。


静かに見守りたい
posted by hiro at 21:48| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自信がないんだねえ

(産経新聞2005年9月23日(金)02:55【ワシントン=古森義久】)

自民党「支配」中朝と同一視 米紙NYタイムズ報道 外務省、不公正と“抗議”

 米紙ニューヨーク・タイムズの日本の政治や選挙に関する報道は不公正だとして、外務省が二十一日までに同紙に投書の形で抗議の意向を伝えた。投書はニューヨークの日本総領事館経由で送られた。
 外務省側が問題にしたのはニューヨーク・タイムズ九月七日付の東京発の「なぜ日本は一党に統治されることに満足なのか」という見出しの報道記事と小泉純一郎首相を批判した同十三日付の社説。投書は「貴紙の日本に関する報道への懸念を深めている」として、まず「七日の記事は自民党の統治の役割を不公正にも中国や北朝鮮の一党支配にたとえている」と述べている。
 同記事は日本国民が今回の選挙でも自民党を選ぼうとするのは民主主義の基盤が弱いからだという趣旨で、自民党の長期政権保持を中国や北朝鮮の共産主義政権の支配にたとえ、韓国や台湾の方が市民社会や自由なマスコミが健在で民主主義がより進んでいる、と述べている。
 文中には「日本の民主主義は幻想、その基盤は希薄」「五十年の一党支配が民主主義の成長を止めた」「マスコミはみな自民党路線」というような記述が続出する。記事は民意の反映の結果としての自民党の政権担当という民主主義の基本を無視しているわけだ。
 外務省の投書は今回の総選挙が有権者の改革継続への支持の劇的な結果だとして、「すべて日本の民主主義の社会と制度の枠組み内での問題解決への道」だと評し、北朝鮮などはそうではないと強調している。
 十三日付社説は、総選挙が郵政民営化だけを争点としたとして、その結果、「小泉首相の軍事的ナショナリズムという日本の伝統の愚かな受け入れを容認することとなった」と述べ、さらに「軍国主義者が祭られる神社への小泉首相の参拝と、より力強い軍事政策への同首相の支持はアジアの世論を警戒させた」と論評している。つまり、小泉首相は軍国主義を推進していると非難するに等しいわけだ。
 この点、外務省の投書は、アジアでの日本の役割は日本の内外での論議の的となっているとしたうえで「日本は平和憲法や国際協力、そして隣国との相互に有益な関係の保持を続ける構えだ」と述べるとともに、「小泉首相は日本に過去六十年、平和と繁栄をもたらした基本原則から逸脱はしていない」と説明している。
 小泉首相を軍国主義者とみなすニューヨーク・タイムズの対日姿勢は中国の公式主張にきわめて近く、日本外務省としても放置はできないと判断したのだろう

斜視的考察
posted by hiro at 19:42| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

世の中まだまだ捨てたもんでもない

(asahi.com2005年9月21日(水)23:53)

青色ダイオード、消費電力9割減 中村教授ら成功

 青色発光ダイオード(LED)の消費電力を10分の1にできる材料の開発に、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授らが成功した。同大のほか、筑波大などが参加する科学技術振興機構(JST)の「ERATO中村不均一結晶プロジェクト」の成果として、21日、東京都内で発表した。
 中村教授が90年代に開発した青色LEDは、明るく消費電力が少ないため携帯電話のバックライト用などに普及した。しかし、現在の製造法では、理論的にエネルギー効率に限界があることがわかっていた。
 プロジェクトでは、従来使っている窒化ガリウム半導体を、工夫した基板の上で結晶成長させ、新しい半導体膜を開発。この膜なら発光の効率が10倍にできるとわかった。
 窒化ガリウムに別の物質を混ぜることで青より波長の長い黄色などを出すようにできるが、従来の半導体膜では暗くなるため実用化に至らなかった。新しい半導体膜は発光効率が落ちず、黄色や赤色LEDやレーザーダイオードの開発も可能という。ほかの化合物の赤色LEDより高い発光効率が期待できる。
 グループは、この技術を使い、信頼性の高い長寿命の青色レーザーダイオードも開発中だ。次世代DVDの読み取り装置への応用が期待される。また、信号に使われているLEDをこれに置き換えることができれば、消費電力が少なくてすむ。自動車のヘッドライトなど、とくに明るい光が必要な分野にも応用の可能性が開けるという。
 「1、2年で実用につながるだろう」と中村教授は話す。


拍手
posted by hiro at 19:46| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始まりましたよ

(時事通信9月22日17時0分更新)

国の借金、過去最高795兆円=国民1人623万円に−6月末

 財務省は22日、国債、借入金、政府短期証券を合計した「国の借金」残高が今年6月末時点で795兆8338億円に膨らみ、過去最高を更新したと発表した。3月末に比べ14兆2821億円増加した。残高を総務省の推計人口(1億2764万人)で割ると、生まれたばかりの赤ちゃんも含めて、国民1人当たり約623万円の借金を負っている計算になる。


斜視的考察
posted by hiro at 18:35| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

正しいのはあるんかね

(読売新聞2005年9月20日(火)11:23【カイロ=柳沢亨之】)

バスラで英軍が刑務所に突入、拘束の英兵2人を奪還

 イラクからの報道によると、同国南部バスラに駐留する英軍が19日、戦車で刑務所に突入し、拘束されていた英兵2人の身柄を奪還した。
 これに乗じて、収監されていたイラク人約150人が脱走。バスラ県知事は「野蛮な行為」と英軍を非難した。イラクの主権侵害ととられかねない英軍の行為に、地元の反発が高まることは必至だ。
 AP通信によると、2人は特殊部隊員。民間人に変装して任務に当たっていた時、地元警察官2人と銃撃戦となり、警官1人を死亡させた容疑で同日朝、拘束された。
 銃撃戦となった背景は不明。拘束を受けて、英軍の装甲車数台が2人が収監された刑務所に接近。これに怒った地元住民が手投げ弾や石を投げつけるなどの騒ぎとなった。
 同日夜になって、英軍は戦車約10台やヘリコプターで刑務所を包囲、外壁を破って突入した。英PA通信によると、一連の騒動でイラク人2人が死亡、英兵3人が負傷した。
 英国防省は同日、英兵2人は交渉によって解放されたと発表したが、刑務所の外壁は意図的に破壊したのではないと弁明した。
 バスラは移行政府与党のイスラム教シーア派勢力の重要拠点。


(共同通信2005年9月20日(火)08:52【カイロ20日共同】)

英軍、イラク刑務所突入 兵士“解放”に反発必至

 イラク南部バスラで19日夜、英軍部隊が複数の戦車で刑務所の壁を破壊し敷地内に突入、イラク当局に拘束されていた英兵2人を脱出させた。ロイター通信などが伝えた。2人は同日、秘密任務中にイラク警察と銃撃戦になり、拘束されていた。
 英軍がイラク内務省の管轄下にある刑務所に突入したことは、主権の侵害と受け止められかねず、イスラム教シーア派を中心とする住民の強い反発を招くのは必至だ。
 ロイター通信によると、英国防省報道官は突入の事実を否定した。バスラ州知事は「野蛮な行為だ」と非難。目撃者によると、英軍突入騒ぎに乗じて、受刑者ら約150人が逃走した。


(ロイター2005年9月20日(火)12:20[ロンドン19日ロイター])

イラクでの英兵解放は交渉によるもの=英当局者

 英国は、同国軍がイラク南部の刑務所を攻撃して英兵2人を解放したとの報道を否定し、2人は話し合いによって解放された、と強調した。
 国防省報道官はロンドンで、「刑務所を攻撃したことを示す事実は一切聞いていない。交渉が行われたと理解している」と語った。
 これより先、イラク内務省当局者が、英国の戦車6台あまりがバスラの刑務所に突入し、同日拘束した2人を解放したと説明。その際に、イラク人数十人が脱走したとしている。
 国防省報道官は、英兵解放についてそれ以上の詳細は知らないと述べた。

posted by hiro at 14:35| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

すごいぞ

(産経新聞2005年9月19日(月)02:46)

インフルエンザ阻止 ウイルス狙撃 「抗体酵素」開発 県立広島大

 インフルエンザウイルスを狙い撃ちして無力化させる「抗体酵素」を、県立広島大学生命環境学部(広島県庄原市)の宇田泰三教授(生物工学)のグループが十八日までに、人工的に作り出すことに成功した。世界初の成功例という。抗体酵素を使った治療薬の開発をはじめ、エアコンなどを使って空気中のインフルエンザウイルスを撃退することも期待できるという。成果は、十二月に米ホノルル市で開かれるパンパシフィック化学国際会議で発表される。
 インフルエンザウイルスは、ウイルスの表面にある「HA(ヘマグルチニン)」というタンパク質によってヒト細胞に結合し、感染する。増殖には別のタンパク質「NA(ノイラミンダーゼ)」の働きも得て、一日で百万倍にも増える。
 このHAはタンパク質の性質を決めるアミノ酸配列を自ら頻繁に変化させるため、毎年、新しいタイプのインフルエンザウイルスが生まれ、流行してきた。
 宇田教授らは、多数の死者を出したスペイン風邪などのウイルスが、多様に変化するHAの中に変化しない特定のアミノ酸配列を持つことに着目。その配列を破壊すればウイルスそのものを無力化できると考えた。そこで、変化しないアミノ酸配列を持つ化学物質をマウスに注射。これに対してできた六種類の抗体を脾臓(ひぞう)から抽出したところ、このうち二種類の抗体がタンパク質を分解する酵素の働きも兼ね備えた「抗体酵素」であることを突き止めた。
 実験では、五十万分の一グラムの抗体酵素を一ccのインフルエンザウイルスに混ぜたところ、十時間で数億個のウイルスのHAを無力化し、結合機能を失わせた。
 今回作り出した抗体酵素は、過去に大流行したスペイン風邪とソ連A型(これらは同種)、アジア風邪の二種類のインフルエンザウイルスに有効である(無力化できる)ことが確認されている。さらに数種類のインフルエンザウイルスにも効果があるとみられている。
 現在のインフルエンザ治療薬は、感染拡大は防げるものの感染そのものを防ぐことはできないため、感染とその拡大の双方に効く特効薬が切望されていた。宇田教授らはすべてのインフルエンザウイルスに効果のある抗体酵素の研究にも着手している。
 宇田教授らは、平成十年にもエイズウイルスの抗体酵素を世界で初めて作り出している。宇田教授は「秋から始めるヒト細胞を使った感染実験でも同様の効果を確認できれば、インフルエンザの中で危険とされるタイプのうち、かなりのウイルス感染を防ぐことができる」としている。
     ◇
 抗体酵素 病原菌などの特定タンパク質を見分けて結合する「抗体」と、特定タンパク質を分解する「酵素」の働きの双方を併せ持つ。従来、抗体と酵素は常に異なるタンパク質からできていて、独立して存在すると考えられていたが、その定説を覆し、抗体の構造中に酵素機能が存在することが突き止められた。これまでに、ぜんそくなど自己免疫疾患患者から天然の抗体酵素が発見されている。

まとも(?)な感想
posted by hiro at 17:58| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 注目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

世の中、馬鹿ばかりじゃない

(時事通信2005年9月10日(土)13時1分[9月10日13時31分更新])

星野SD、阪神に残留=記者会見で表明−プロ野球

 プロ野球阪神の星野仙一氏シニアディレクター(SD)は10日、大阪市内のホテルで記者会見し、来季も現職を続ける意向を明らかにした。8日に行われた定例報告会での続投要請を受けたもので、これにより来季、他球団に移る可能性はなくなった。星野SDは巨人の次期監督候補に名前が挙がり、去就が注目されていた。
 記者会見で星野SDは、来季も阪神に残留するのか、との質問に「そういう形になると思う」と返答。他球団のユニホームを着ることはあるのか、と聞かれると「それはない」と言明した。
 星野SDに対し、阪神は手塚昌利オーナーらが来季の契約更新を要請。星野SDは8月末に阪神−巨人戦のテレビ解説で甲子園球場を訪れた際、放送を通じて「巨人との接触はなく、迷惑な話。今は阪神が勝つことが一番」などと語っていた。


posted by hiro at 13:40| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の怪談 どうしてこうなるの?

(asahi.com2005年09月09日20時15分)

慶応大、入学書類紛失 「盗難の可能性薄い」と届けず

 慶応大が、総合政策学部の9月の入学予定者12人の書類を紛失していたことがわかった。
 紛失したのは、調査書や面接などをもとに、受験生の個性を重視して判断するAO(アドミッション・オフィス)入試で合格した12人の住所や氏名、電話番号などが記された入学手続きの書類。
 同大によると、8月30日夜、神奈川県藤沢市のキャンパス内の事務室で職員が作業した後、保管庫に入れて施錠して帰宅した。31日午後に別の職員が保管庫を開けたところ、なくなっていたという。
 同大は、12人と家族に電話で謝罪。8日に小島朋之・総合政策学部長らの名前でわび状を送った。同大は「同じ保管庫にあった別の学部の書類は無事なので、盗難の可能性は薄い」として当面、盗難届は出さないという。


斜視的考察
posted by hiro at 12:12| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

どうなんだろう

(毎日新聞2005年9月6日東京朝刊【イスラマバード西尾英之】)

米ハリケーン:アジアの最貧国バングラデシュ、100万ドルを寄付

 バングラデシュ政府は5日、米国南部を襲ったハリケーン「カトリーナ」の被災者に対し、緊急人道支援として100万ドル(約1億1000万円)を送ると発表した。
 バングラデシュは1人当たり国民総所得が年400ドルとアジアの最貧国の一つ。毎年のようにサイクロンやモンスーンによる大雨で数百人から数千人の単位で死者が出ている。このほかインドが500万ドル、アフガニスタンが10万ドルなど各国が米国への支援を表明。一方で「もし被災者の多くが白人であったら、事態はここまで悪化しただろうかとの疑問を多くの人が抱いている」と、5日付パキスタン紙「ドーン」が指摘するなど、世界の指導者として振る舞う米国で、内部に抱える矛盾が今回の災害を機に噴出したとの見方を伝えている。

posted by hiro at 01:21| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あ〜あ

(河北新報2005年9月6日(火)朝刊)

ハリケーン被害 政府追加支援を検討
       各国巨額拠出で見劣り

 米南部を襲った超大型ハリケーン「カトリーナ」の被害に各国が巨額の
支援を発表する中、最大五十万ドル(約5千五百万円)とした日本の支援額
が見劣りしている。政府は日米同盟の結束が問われかねないと、追加支援
の検討も始めたが、衆院選の真っただ中で意志決定も後手に回り気味だ。
 谷内正太郎外務事務次官は五日の記者会見で「(五十万ドルの支援額は)
あの時点の判断で決めたことで、それ以上はしませんということではない」
と述べ、米国の要請次第で追加支援に踏み切る考えを強調した。
 政府は二日、米国赤十字社に対し二十万ドルの支援と、テントや毛布な
ど最大三十万ドル相当の物資供与の用意を発表。迅速な支援に、在日米大
使館が感謝声明を出した。
 しかし、三、四日には中国、韓国が、その十倍の五百万ドルの支援をそ
れぞれ発表。さらにカタールが一億ドル、クウェートは日本の千倍の五億
ドル相当の支援を表明するに至って政府内でも「日米同盟を掲げる日本が
これでいいのか」という焦りが濃くなってきた。
 日本はトヨタが五百万ドルの支援を発表するなどしており、外務省から
は「われわれの(財源は)は税金だから。官民合わせたオール日本で合算し
てほしい」(幹部)と困ったときの「民間頼み」の声さえ聞こえてくる。
 人的支援では、町村信孝外相がライス米国国務長官に国債緊急援助隊を
派遣する用意を電話で伝えたが、今のところ米側から要請はないという。
斜視的考察
posted by hiro at 00:24| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

心頭滅却すれば……

(YOMINURI ONLINE 2005年9月6日(火)14:42)

注射「痛くない」と思えば痛み軽く…日米共同研究

 注射される時に「痛くない」と強く思うと、痛みが軽くなる――。前もって痛みが小さいと思い込むと実際の痛みも和らげられることを、西宮協立脳神経外科病院(兵庫県西宮市)の小山哲男医師と米ウエークフォレスト大のロバート・コグヒル助教授らが脳活動の分析で確認した。6日、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
 小山医師らは、被験者10人を対象に、信号音の間隔が15秒のときは48度、30秒では50度など、信号音を2回聞かせた直後にふくらはぎに熱の刺激を与える実験を繰り返し、間隔が長いほど痛みが大きいと思い込ませた。
 この後、15秒間隔の時の温度を50度に変えて実験。痛みの程度を評価してもらったところ、30秒間隔で50度の刺激を与えた時と比べ、感じる痛みは小さくなった。
 被験者の脳内の様子を特殊な装置で調べると、痛みが小さいと思い込むほど脳の快感や不快感をつかさどる部位の活動が低下していた。痛みを加えた後は、この部位の働きが小さいほど、体から痛みが伝わる部位の反応も鈍くなった。結果として「思いこみ」が痛みを感じる部位の反応を低下させていることがわかった。


斜視的考察
posted by hiro at 18:21| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | 注目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本はどこ?

(ジュネーブ5日ロイター2005年9月6日(火)07:45)

中国、対外投資先として魅力的な国第1位に=国連調査

 国連貿易開発会議(UNCTAD)が外国投資専門家75機関および多国籍企業325社を対象に実施した調査によると、対外投資先としてもっとも魅力的な国は中国で、次にインドと米国という順位になった。
 同調査によると、投資専門家85%および多国籍企業87%が、中国がもっとも魅力的だと答えた。
 投資専門家の間では米国が2位(55%)、インドが3位(42%)だった一方、多国籍企業の間ではインドと米国がともに2位(51%)だった。 
 投資専門家の間ではブラジルが4位、ロシアが5位となったものの、多国籍企業の間ではロシアが4位、ブラジルが5位となった。
 投資専門家が選んだ6位は英国で、欧州ではトップだった。ただし多国籍企業の間では6位はメキシコで、英国はドイツとともに7位だった。上位10カ国中、半分を新興国が占めた。

posted by hiro at 18:11| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

悲しみよ……

(読売新聞2005年9月2日19時54分)

「悲しみよこんにちは」を翻訳、朝吹登水子さん死去
 サガン、ボーボワールの翻訳者として知られた朝吹登水子(あさぶき・とみこ)さんが2日、死去した。88歳だった。告別式は4日午前10時、東京都港区高輪3の15の18高野山東京別院。喪主は孫の牛場潤一氏。
 東京生まれ。戦前にパリ留学し、1950年にデザイナーを目指し再び渡仏。52年にオートクチュール・デザイナーの資格を得た。哲学者の森有正の勧めで翻訳を始め、昨年9月に死去したフランソワーズ・サガンの世界的ベストセラー「悲しみよこんにちは」の翻訳(55年刊)で一躍脚光を浴びた。
 以後サガン作品のほとんどを手がけたほか、ボーボワール「娘時代」「女ざかり」(共訳)も翻訳。サルトルとも親交を持った。
 また、日本人として初めてカンヌ国際映画祭の審査員を務め、2000年、仏レジオン・ドヌール勲章を受章した。
 小説家としては77年、自伝的長編「愛のむこう側」を発表。軽井沢の古き良き時代を描いたエッセー「私の軽井沢物語」など著書多数。


ご冥福を
posted by hiro at 20:10| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

「大」ですか

(日刊スポーツ2005年9月2日(金)09:49)

“清原ハム”賛否半々、新庄発言に大反響

 日本ハムが「清原余波」に見舞われた。新庄が前日8月31日、巨人清原へ「一緒にやりたいな。2人で盛り上げられると思う」とのラブコールを送り、一夜明けた1日、球団事務所へメールや電話が殺到した。「賛成」「反対」と意見が分かれたが、畑野広報部長は「やはり反応がすごい」と驚いていた。
 球団公式ホームページ(HP)等を管理する映像事業部の岩田部長によれば、メールと電話で「約50くらい」の意見が寄せられた。獲得すれば「さらに人気が出て、盛り上がっていい」という意見もあれば、球団公式HPの掲示板には「アンチ巨人なので…」などの書き込みなど反応はさまざま。同部長によると「(賛成、反対)ほぼ半分、半分」に分かれたという。


斜視的考察
posted by hiro at 16:33| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意外だね

(読売新聞9月1日23時48分更新)

神仏に「すがりたい」54%…読売世論調査

 国民の4人に3人が特定の宗教を信じておらず、宗教を大切だと思わない人も多数派を占めているが、「神や仏にすがりたい」と思ったことがある人は過半数に上る――。
このような宗教に関する日本人の意識が、読売新聞社の全国世論調査(面接方式)で明らかになった。
 調査は8月6、7の両日に実施。
 「何か宗教を信じているか」と聞いたところ、「信じている」23%に対し、「信じていない」は75%。「宗教は大切であると思うか」でも、「大切」35%に対し、「そうは思わない」60%だった。
 その一方で、「神や仏にすがりたいと思ったことがある」は54%に達し、「ない」44%を上回った。宗教を「信じていない」人の中でも、「すがりたい」は47%だった。


斜視的考察
posted by hiro at 09:42| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。