2005年05月26日

面白い論理学ですな

(朝日新聞 2005年05月26日)

「A級戦犯はもう罪人でない」自民代議士会で森岡政務官

 森岡正宏厚生労働政務官は26日の自民党代議士会で、小泉首相の靖国神社参拝に関連して、「極東国際軍事裁判は、平和や人道に対する罪だとかを占領軍が勝手に作った一方的裁判だ。A級戦犯の遺族には年金をもらっていただいており、日本国内ではその人たち(A級戦犯)はもう罪人ではない」との考えを示した。この発言に対し、政府は「個人の見解」(細田官房長官)として、森岡氏から事情を聴くなどはしない方針だ。
 森岡氏は「中国に気遣いして、A級戦犯がいかにも悪い存在だという処理のされ方をしているのは残念だ。日中、日韓関係が大事というだけで、靖国神社にA級戦犯がまつられているのは悪いがごとく言う。こういう片づけ方をするのは後世に禍根を残す」とも指摘した。
 小泉首相は26日、森岡氏の発言について、記者団に「聞いてませんけどね。どういう発言をしたのか。今そんな発言を取り上げても、しょうがないんじゃないですか。戦争裁判で済んでいるじゃないですか。私の靖国参拝とは関係ありません」と語った。
 細田長官は同日の記者会見で、「事実関係は種々誤りが含まれており、論評する必要はない。極東軍事裁判などは政府として受け入れている。政府の一員として話したということでは到底ありえない」と述べた。
 森岡氏は88年に「日本に中国侵略の意図はなかった」と発言して国土庁長官を辞任した奥野誠亮元法相の秘書を経て、衆院議員となった。

斜視的考察
posted by hiro at 23:01| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あきれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

得意技は知らんぷり 日本政府

(毎日新聞 5月20日10時8分更新)

尼崎脱線事故 JR西社員への嫌がらせや暴力行為相次ぐ

尼崎脱線事故の後、JR西日本社員への嫌がらせや暴力行為が相次いでいる。同社は「列車の安全な運行に支障が出かねない」として、主要駅のホームに計約30人の警備員を配置、運転士や車掌の安全確保に乗り出した。
 警備員は大阪や天王寺、京都など運転士らが乗務を交代する主要駅に配置。午前9時〜午後10時まで、ホームで乗務員に付き添うように見守っている。
 同社によると、報告があった暴言や嫌がらせなどは計約220件(11日現在)。このうち7割を超える約160件が京阪神で起き、女性運転士がけられたり、乗務員室に強引に入って来て車掌を小突くなどの暴力行為も目立っている。運転士らからは不安を訴える声が上がっており、警備員の配置は当分の間続けるという。【川上克己】

posted by hiro at 14:34| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

数字の魔術?

(毎日新聞 2005年5月19日15時00分)

自衛官自殺:
過去最多の94人 社民党議員が調査

 自衛官の自殺が04年度に計94人で、これまで過去最高だった02年度の78人を大きく上回ったことが分かった。エアガンを使ったいじめ事件が起きた護衛艦「たちかぜ」(神奈川県横須賀基地)の自殺事件を調査している阿部知子衆院議員(社民党)が、防衛庁の統計資料を入手し、明らかになった。
 資料によると、自殺者は陸上自衛隊が64人(前年度比16人増)▽海上自衛隊16人(同1人減)▽航空自衛隊14人(同4人増)。陸自の中では、東北方面隊(前年度比9人増)▽機関(同6人増)▽長官直轄部隊(同4人増)で増加が目立った。プライバシー保護などのために、県別や駐屯地別には公表していない。年齢別では、25〜29歳が最も多く18人にのぼる。35〜39歳と45〜49歳が各15人、30〜34歳が11人だった。
 また、年度別では00年度73人、01年度59人、03年度75人で推移している。
 防衛庁側は「自殺原因は家庭の問題や病気などさまざまと推定され、増加の理由はよく分からない」と話す。
 「たちかぜ」事件では、2等海曹(34)=懲戒免職=がガス銃やエアガンを使った後輩への暴行罪などで起訴され、今年1月に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。公判で、後輩隊員(当時21歳)が昨年10月、いじめを苦にしたとみられる自殺をしていたことが判明した。【網谷利一郎】
 ▽軍事評論家・岡部いさくさんの話 一般社会では職場と生活は切り離されているが、若い自衛隊員ほど職場すなわち生活になっている。一般社会以上にメンタルケアを考えるべきだ。
斜視的考察
posted by hiro at 16:03| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

そして今日もまた

《斜視的考察》

(考察その1)「悪法もまた法なり」
 この問題については別な機会によく考える必要はあろうが、私は基本的に、この考え
 には否定的である。もし無条件肯定するなら、「抵抗権」というものの存在を認めな
 いということになってしまうだろう。
(考察その2)「これによっていったい何を教えるつもりか」
 学校側の説明では「ルールを大切にする気持ちを持ってほしかった」ということであ
 るが、このルール自体にどれほどの合理性・妥当性があるのか。いったい何のための
 ルールなのか。是非聞いてみたいものである。
 「外見で人を判断してはいけない」という意見は一般に肯定されることが多いのでは
 ないかと思われるが、校則ではどういうわけか、「外見は大事にしろ」と教えている
 ことが多い。ヘンだと思わないのか。
 ということで、ルール自体がおかしい、という前提に立つと、
 「ルールを大切にする」とは、結局この学校では、「長いものには巻かれろ」「お上
 のいうことは黙ってきけ」ということを教え込もうとしているのか。
(考察その3)「社会での戦闘の準備」
 社会に出ると、こんな理不尽な扱いを受けることもよくある。学校というのは社会へ
 出る模擬演習の場である。よって「このような出来事に対する自分のスタンス、対処
 の仕方を学んでみろ」ということか。その後のこの生徒達の生き方が楽しみである。

まあ、いろいろ書いてきたが、私ならこんな学校はこちらから拒否であろう。あるいは、
時間があれば、とことん戦って戦い続けてみるというのもいいかもしれない。
まあ、いつまでもこんなことをやっていると、そのうち
「こんなものいらない」「学校」ということになるのでは。(ちょっと古かったか)

元記事はこちら
posted by hiro at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。